安昌寺についてAbout Anshoji

宗旨・教義

宗旨

曹洞宗は、お釈迦さまより歴代の祖師(そし)方によって相続されてきた「生伝(しょうでん)の仏法(ぶっぽう)」を依どりころとする宗派です。それは坐禅の教えを依りどころにしており、坐禅の実践によって得る身と心のやすらぎが、そのまま「仏の姿」であると自覚することにあります。

そして坐禅の精神による行住座臥(ぎょうじゅうざが)(「行」とは歩くこと、「住」とはとどまること、「坐」とは坐ること、「臥」とは寝ることで、生活のすべてを指します。)の生活に安住し、お互いに安らかでおだやかな日々を送ることに、人間として生まれてきたこの世に価値を見いだしていこうというのです。

教義

私たちが人間として生を得るということは、仏さまと同じ心、「仏心(ぶっしん)」を与えられてこの世に生まれたと、道元禅師はおっしゃっておられます。「仏心」には、自分のいのちを大切にするだけでなく他の人びとや物のいのちも大切にする、他人への思いやりが息づいています。しかし、私たちはその尊さに気づかずに我がまま勝手の生活をして苦しみや悩みのもとをつくってしまいがちです。

お釈迦さま、道元禅師、瑩山禅師の「み教え」を信じ、その教えに導かれて、毎日の生活の中の行い一つひとつを大切にすることを心がけたならば、身と心が調えられ私たちのなかにある「仏の姿」が明らかとなります。

日々の生活を意識して行じ、互いに生きる喜びを見いだしていくことが、曹洞宗の目指す生き方といえましょう。

開山1601年(慶長6年)からの歴史

開創400年から創建400年

当寺は、久林寺安昌寺といい、初め三河国(愛知県)伊奈にあり東漸寺といいましたが、慶長6年(1601年)、本多康俊が三河国西尾城主となった時に、この寺も移り久林寺安昌寺と改称されました。

その後、本多侯の移封に伴って膳所、伊勢亀山と移り、慶安4年(1651年)本多侯が膳所再封により、現在地に定まりました。

膳所烈士

膳所藩十一烈士

膳所烈士とは、保田正経、田河武整、阿閉信足、槇島光顕、森祐信、高橋正功、高橋幸佑、関元吉、渡辺緝、増田正房、深栖俊助(当道)の十一人のことを指します。

膳所の地は、徳川家の譜代大名である本多氏が多年藩主として、彦根の井伊家と共に近畿の重要な位置を守り、膳所藩は、幕府から御所の火消しと修理役を命ぜられていました。

幕府は家康以来、武士に学問を奨励した。もともとは朱子学を奨励したのであるが、十三代安完(やすさだ)公になって京都の皆川淇園という学者について藩主が講義を開き、次の康禎(やすつぐ)公も皆川淇園の子孫をねぎらわれた。藩校「遵義堂」は、こうした関係から、皆川淇園の計画にもとづいて文化六年(1809)完成した。皆川淇園が古註学派であった関係から「遵義堂」の学者は古学派が優勢であって、天保になって朱子学派が優勢となっている。膳所藩の職掌柄もあるが、こうして真剣に学問をするうちに、尊ぶべきは天皇であって、幕府といえども天皇の命を重んじねばならぬという考えを心にいだく人が出てきた。康穣(やすしげ)公の慶応元年(1865)の「尽忠報国」という見事な筆蹟によっても藩主自身の考えがうかがえます。

幕末騒然としたころ、膳所藩も尊攘派(正義党)と保守党(俗論派)が激しく対立していました。慶応元年(1865)、禁門の変を引き起こした長州に対して第一次長州征伐が発令されました。その指揮を執るために第14代将軍徳川家茂が上洛することになったのです。その家茂が5月17日に膳所城に一泊するという通知が膳所藩に届けられました。藩は中老保田正経等三人を普請奉行に任じ、急遽御殿の改修に取りかかり、将軍到着の数日前にやっと完成しました。

しかし将軍の泊まる前々日になって、京都守護職の松平容保から膳所藩の尊攘派が将軍暗殺を企んでいる疑いがあるとして取りやめにされたとの通知され、藩内は大騒ぎになります。将軍暗殺計画を京都守護職に密告したのは、膳所藩の佐幕派だった藩老上坂三郎右衛門で、この事態に藩は藩内の不穏分子を一掃し、目の上の瘤である尊攘派を処分する絶好の機会として、5月14日から膳所城下で尊攘派だった十一烈士を投獄します。

どれほどの吟味があったか疑わしいが、5ヶ月後の10月21日、死罪という厳しい判決が言い渡されました。すなわち即日、百石以上の保田正経、阿閉信足ら4名は安昌寺で切腹。儒者高橋正功、同森祐信らの7名は斬首の上、岡山墓地に葬られました。また遺族は2日以内に領内より立ち退きを命ぜられました。

投獄された烈士には筆や紙は与えられず、当初は独房での深い瞑想でした。そのうち藩校尊義堂の師範であり、尊攘派の理論的指導者であった高橋正功が、わずかに与えられたちり紙でこよりを作って飯粒で固め、これをちり紙に貼り付け文字にして詩歌を詠み、悲運の身を慰めていました。牢番の村田次郎一はこれを密に各独房に回したので、無聊をかこっていた烈士たちもこよりで詩歌や俳句を作るようになりました。これら遺品は40数点にもなり、現在は瓦ヶ浜の本多神社資料館や大津市歴史博物館に保存されています。

膳所列士は、家族が国を追われる事、家名が断絶、親族に負担をかける。その辛く悲しい汚名を甘んじて受け入れ、それでも膳所藩と人々を護る為、罪を受けました。日本の国を、武士として、これからの世の中を、見据えながら。

授戒のすすめ

1、お釈迦さまの最後の教えと戒の意味

お釈迦さまはお亡くなりになるとき、お弟子たちに最期の説法をなさいました。その説法のはじめに、「私の入滅後(死後)は、何よりも戒法を敬い尊ぶ生き方をしなさい。そうすれば、人生は明るく、心豊かに暮らせるのだ」と示され、「戒を敬い守って行くならば、私が生きているのと変わりがないのだ」とまでお諭しになっておられます。「戒律為先の言、すでにまさしく正法眼蔵なり」と『正法眼蔵』「受戒」巻に示される如く、曹洞宗において戒とは、深い信仰に根ざした生活を送る決意を促す教えであります。戒を受けることによって「無益な殺生などはとうていできない(不殺生)」「他人のものを盗むことはとうていできない(不偸盗)」という慈悲の心に基づく生活習慣が生まれ、人間として正しい生き方が確立されるのです。

2、授戒と受戒

授戒は戒法を授けていただくことですが、この場には、授ける人と、授けるものと、受ける人がいます。 授ける僧を戒師といい、授けるものとは菩薩戒という戒であり、戒を受ける人を戒弟といいます。そして、戒法を授けていただいた証として「血脈」を頂載します。したがって、授戒とは戒師の側からいう言葉であり、受戒は戒弟の側からの言葉となります。

3、十六条の菩薩戒について

戒は、正しい生き方をし仏さまとの「約束」を守り、自発的に「仏としての行い(仏行)」を、日夜実践することが大事です。大乗仏教ではこの約束を菩薩戒と呼んでおり、曹洞宗も菩薩戒を重んじます。そして、菩薩戒の内容を十六条立てて、実践するべきだとされています。 十六条の戒法とは以下の通りです。

三帰戒

・帰依仏
・帰依法
・帰依僧
戒のもっとも根本となる、仏法僧の三宝に対する帰依(真心を尽くして敬うこと)を三帰といい、これが仏教徒としての生き方の根本となることから、三帰戒という「戒」を付けて表します。

三聚浄戒

・摂律儀戒(悪いことはしない)
・摂善法戒(善いことをする)
・摂衆生戒(全ての衆生を救う)
菩薩戒の基本となる考え方です。最初の二項目は、過去七仏に通底する教えである、「諸悪莫作・衆善奉行」に繋がるものですが、三項目は、これこそ菩薩戒の本質といえる内容です。これを、三帰戒に続いて約束します。

十重禁戒

・不殺生戒(殺さない)
・不偸盗戒(盗まない)
・不貪婬戒(犯さない)
・不妄語戒(誤ったことをいわない)
・不酤酒戒(酒に溺れない)
・不説過戒(他人の過ちを説かない)
・不自讚毀他戒(自らを褒め他人を謗らない)
・不慳法財戒(教えも財産も他人に渡すことを惜しまない)
・不瞋恚戒(怒らない)
・不謗三宝戒(仏法僧の三宝を謗らない)

三聚浄戒の「摂律儀戒」の具体的内容が、この十重禁戒です。「悪いことをしない」と誓うわけですが、それはこの10の戒法に展開されています。

しかも、菩薩戒の場合には、最終的な目標は、自らの救済よりも先に、全ての生きとし生けるものの救済を願いますので、この項目はただ、悪事を止めるということではなくて、この実践を通して、生きとし生けるものを救うように進めていくのです。

4、受戒のすすめ

戒を受けることは、お釈迦さまのお弟子となり、真の仏教徒としての自覚を持ちながら、仏心の花を開くことです。戒師の導きにより、戒法を自覚したその証として「血脈」を授かります。授戒会の期間、聞法と礼拝を通じて、必ずや法〈仏の教え〉の徳が、みなさまの身と心を満たすことでしょう。世界の多くの人々が、仏心(仏性)に目覚めるための「授戒会」に縁を結ばれますよう切にお勧め申し上げます。

授戒会は、その有り難き尊い因縁を大切にしていただき、より多くの人に仏様との深いご縁を結んでいただきたいと思います。ご家族はじめご親戚、ご友人の方々もご一緒に申し込んでいただきたく、ご案内申し上げます。 お授戒会に参加してお血脈を受けることは、老若男女を問わずどなたでもできます。ただし、まん5歳以上の方とさせていただきます。また、既にお血脈お戒名をお持ちの方も受けられます。これを再戒といい、徳は重なるほど尊いものです。

お授戒会の期間中、諸法要儀式に参列され、戒名を頂き、戒師様の手から直接お血脈を受けられる方を正戒といいます。 正戒の方は、五日間を通して参列していただくのが本義ですが、今回は道場の都合で、第3、第4、第5日目の三日間(金、土、日曜)をあてます。

宿泊されるのが原則になります。但し、都合により自宅から通われる方、外泊されて通われる方も可とします。(旅館等の手配は可能ですが、費用は自己負担となります)通いの方は、午前8時上山、午後7時下山の予定です。

因戒とは、お授戒会に一日だけ参列され、戒師様とご法縁を結ばれ、またいつの日かお授戒会に参加できるように因縁を作っておくことをいい、お血脈をいただきます。戒名はいただきません。 お授戒会中の第1、第2日目(水、木曜)をあて、午前9時に上山、午後5時下山の予定です。

亡戒とは、既に亡くなられた方に、お授戒会の尊い功徳をご供養するためのもので、期間中特別にご回向(えこう)をして正戒と同じくお血脈をいただきます。

坐禅について

坐禅をしているその時が悟りだという考え方

坐禅をすることと悟るということが、別々にあって一所懸命坐禅をして「悟り」に到達しようとするのは釈尊の教えではない。釈尊の説かれた宇宙秩序においては修証一等(坐禅をする事と悟りを開く事は全く同じ)である。坐禅は、坐禅を始めた時から悟っている。そういうすでに悟った状態における修行であるから、ほんの初心者が始めた坐禅とは、まさにそれが本来の悟りのすべてである。この様な理由から、師匠が弟子に修行の心得を授ける場合にも、「修行の他に悟りがあると考えてはならない」と教えている。